野菜嫌いと子どもの意見表明権

子どもを産む前、よくある子育てや料理のテレビ番組で、「子どもの野菜嫌いを直すには?」とか、「こうしたら子どもは食べてくれます!」というような番組は、ぼーっと他人事として見ていた。〝自分でつくったら食べます、お野菜をかわいい形にしたら食べます、何かと一緒に混ぜて、ゲーム形式で探すようにすると食べます〟・・・ふーんそういうもんか・・
 
子どもを育てて5年、当事者になってみると「野菜が嫌い」というのは誰にとっての
課題なんだろうかと思うようになった。野菜が嫌いというのは大した問題ではないとわかった。
メディアが教えてくれるような色々な方法をあの手この手で試して、向き合うような
問題でもないと思って、野菜を星形やハートの形にするような手間はめんどくさいから
かけていない。
子どもの好き嫌いは気まぐれである。
我が子、さとちんも「おやさいいらない〜」と言って、味噌汁に入っているネギや、焼きそばに入っているキャベツを一つ残らずとって!と求める。
「嫌い〜」と言っているのは絶対的なものではないということにも気づいた。
ある日は嫌いだし、ある日は嫌じゃない。そして、「ほいくえんでは食べますからーー!」と言って、家では食べない日もある。
 
焼きそばに入っているキャベツは、マカロニサラダに入っていたら食べるし、スープに入っているキャベツはいいらしい。
そして、ちょっとでも自分がつくることに加わる(マヨネーズ混ぜるとか、たまご割るくらいの参画)と、旨そうに食べる。子どもの野菜嫌いというのはかなり気まぐれだし、見た目や食感などの感覚に左右されている部分がある。初めて見るものだと食べないし、食感が苦手だと食べないということもある。「嫌い」と感じるのは、感覚の鋭敏さによるもので、いずれ違う感覚を感じて、「好き」になることもあるとわかった。
 
好き嫌いがあるのは子どもに問題なのか
仮に強固に「にんじんは絶対食べない!」とか「レタスは絶対いや!!」と言ったとしても、それ食べられないことで、栄養的に問題があるわけでも成長できないわけでもない。野菜が嫌いだったから、発達に問題があったか、因果関係なんてよくわからない。
自分に置き換えると納豆が強烈にだめとか、トマトはだめとか、椎茸はだめといって、元気にしている大人はたくさんいるじゃん?
なので、子どもの好き嫌いを問題にする時、それは誰にとっての問題なのか。
子ども的には全く問題がない。
 
「好き嫌いがダメである」から子育てが大変になる。
好き嫌いを「問題」に昇華させているのは大人。
「好き嫌いはダメである」という思い込みと、「野菜嫌いをなくすためには・・」と、
子育てにまつわるネタとして取り上げている子育て支援したい領域(メディアも含めて)なのではないかと思った。中には、自閉症スペクトラムのように極端な偏食があるということもあるとは思うけど。
 
好き嫌い・野菜嫌い克服のための色々な情報があることで、子育てをより大変にさせていると思う。好き嫌いがダメって思わなかったら、そんな工夫のあれこれに頭を悩ませたり、子どもが好き嫌いになるのは親のせいとか、親がつくる食事が悪いからだとか凹む必要もない。
 
私は子どもの頃、野菜が嫌いで、「レタス食べない」ことに対して母は「もう食べなくていい!外に出ていきなさい!」と怒ったらしい。
そして、ほんとに出て行った・・
「あんたは、強い意志がある子だと思った」と懐かしむようによく言っていたのだが、レタスくらいでそこまでやらなくてよかったんじゃないかと思うし、そのように言いたくなった母も想像できるし、きっと「レタスは食べないといけない」と母も思っていたのかもしれない。
 
好き嫌いと子どもの意見表明権
子どもの権利条約の第12条に、意見表明権というのがある。

子どもは、自分に関係のあることについて自由に自分の意見を表す権利をもっています。その意見は、子どもの発達に応じて、じゅうぶん考慮されなければなりません。

 
 
意見表明権としてみると、子どもが「野菜が嫌い」と言うのは、子どもの意見表明でもあるんだよなぁーと思う。
 
意見表明としての好き嫌い < 子どもの将来のため、子どもの栄養のため 
そう考えて、子どもの育ち発達のために好き嫌いはなくすべし!と考えるのが、「野菜嫌い」を直した方がいい人の理屈。もしかするとそれは子どものためではなく、大人側の「せっかくつくったのに!」という都合が潜在的に存在する気持ちなのかもしれない。
 
子どもが将来野菜嫌いのままだったら・・とか、子どもの成長が心配・・と思うなら、そうなった時にまた考えたらよく、子どもの将来を今引き受けなくてもいいんじゃないかと思う。「いまここ」に生きようぜ!ってことなんだが。
それよりも、今意見表明して、「これは嫌い」と言っていることの方を大事にしたいよねって思う。

【フリーライブラリアン活動記録】図書館と市民をつなぐ仲人

始まりは、「こんなことできるかな?」という相談
昨年度、地域で聴覚障害の子どもの支援のお仕事しているお友達から相談をいただいた。
「施設に置く本って団体貸し出しで借りられたりする??そして、その絵本を図書館司書さんに選書をお願いできたりするのかなぁ?」
「そのエリアの図書館ならば知ってる人が中にいますよー!」とお返事をして、図書館司書の知人に聞いてみる。「できますよ!担当者に、そうした方から問い合わせあるかもって言っておいたよ」って、異動で変わってしまう前に引き継いでいてくれたらしい(嬉)
図書館司書さんと、地域の人の出会いの場のお手伝い
そして、C図書館に出向き、実はこのような相談があって・・施設の方とお話しする機会をセッティングできるか?と相談する。話を通してくれていたおかげで「ぜひ!」と快諾いただく。
そして、先日、図書館の児童サービスの司書さんと、施設の方、数人で図書館を訪ねてお話しする場の取り持ち、進行をしてきた。
 
聴覚障害の子どもたちの生活・情報・学習の環境って??
聴覚障害児・者の方には、どんな風に世界が見えているのか、どんな風にコミュニケーションを取るのか、どんなことに困っているのか・・。身近な方でいないと当事者の視点を知る機会もないかもししれない。絵本を選んでいただくために設定した打ち合わせは、絵本を届ける先の子どもたちや支援者がどんな環境の中にいるのかを知る機会でもある。
 
基礎的なことを、施設の方に教えてもらう。
聴覚障害の子どもたちの聞こえ方は様々で、全く聞こえない場合と少し聴力がある場合がある。
装着しているのは補聴器なのか人工内耳なのか。言語として、手話を使う場合、使わない場合があるということ。どんな学びや経験の機会が必要か、本や絵本をどんな存在と考えているかを担当者に伝えてもらう。
 
参加してくださった施設の方の中には、ご自身が聴覚障害の方もいらっしゃり、手話の同時通訳として、手話ができるスタッフの方が来てくださる。そして、私は話したことを、紙に書いてグラフィックしていく。それは、聞こえない人と話を共有する手段でもある。
よくワークショップなどで行う、グラフィック(板書)がこのような観点からも求められるなんて!
 
絵本「だるまさんが」の聴覚障害児支援の現場での価値
児童サービス担当の司書さんも、私も「なるほど!」と思ったことがあった。
「だるまさんが」(作・絵 かがくいひろ 出版社:ブロンズ新社)は、だるまさん「が」「と」「は」と、助詞でだるまさんの動きが変化する子どもたちに大人気の絵本。
 日本語の助詞を理解しにくいろうや難聴の子どもたちにとって、助詞の違いがわかるいい絵本。施設のスタッフの方は、この絵本に出会った時に「この絵本いい!!」と思ったらしい。
 
「そんな絵本、他にないですかね〜」と聞かれる。多様なニーズや状況にある当事者からの「問い」があるから、図書館にある多くの情報が編集され、利用者の元に届けられる。
わくわくする「問い」に出会った瞬間だと思った。
 
図書館と地域の人が出会う・お見合いする場でなにが生まれるか
図書館の方は、地域の施設を知ることができた。
読書バリアフリーに必要な、様々なニーズや特性をもつ子どもたちに必要な学びは何かを知ることができた。
地域の市民は、図書館の人と顔のみえる関係になった。
そして、次は集めていただいた絵本を施設の方や子どもたちと一緒に見てみようか・・
そして、そこに他館の図書館司書さんも呼んでみよかな・・と、ここから新しい学びと出会いが生まれていく。そんなことを予感させる場となった。
 
 

情報リテラシー教育は、ググる以外の手立てをもつこと

 
気になること、知らないことがあると、グーグル検索をする・・。
一つのざるの中に情報が放り込まれ、なんでもかんでもある状況。
そのとき、グーグルにしないで、どこを見るのか。
 
ググる以外に何があるんだ?」って思う人もいるかもしれない。
たくさんの手立てをもっている人、持っていない人いろいろ。
 
論文検索できるCiNii。連想検索ができるウェブキャットとか。ウィキペディアとか、カーリルとか、どこそこのデジタルアーカイブとか。その中の一つに愛知県図書館の電子書籍もあるよなぁと思う。
でも、「こんなのあんなのもあるよ」と、こうした情報提供も消費される情報になってしまう。
「実際にポチって」みようって思うかどうか。
自分がつくってきた習慣・日常というものはなかなか変わらないものなのだ・・。
 
今読んでいる本から始まる世界 電子書籍の遊び方
愛知県図書館の電子書籍は、5500冊登録されており、学術書中心に入っているということ。
私はというと、電子書籍にさほど興味はなく「本は紙!!」派で、アナログ派。
でも、使ってみようと思ったのは、「学術書や参考図書」中心であるということからだった。
 
私がどんなふうに、愛知県図書館の電子書籍と関わっているかを紹介。
現在読んでいる「よくわかる公的扶助論」を読みながら検索をしているととても楽しい。
ジャンル横断で本が出てくる。
 
憲法25条」と入れると・・法律や人文社会の本が多いだろうなと思ったら、芸術の本も出てくる。そして、どこに記述されているのか全文検索される。
美術・芸術から「スウェーデンアール・ブリュット発掘」
社会科学「精神障害と人権」「住まいと仕事の地理学」
自然科学「3.11心の災害」
 
電子書籍で読書するのは苦手だから・・と食わず嫌いだったけど、自分の知の世界広げる、次の本を探すためのものとして関わっている。関わり方は色々。そのバリエーションが共有され、誰かの中で、日常化されていくにはどうしたらいいだろうと、いつも考えている。
 
 

子育て備忘録:子どもの遊びや学びの成果はちゃんとしてなくていい。

雨のお休み。
さとちん、何してあそぼっか。
この前やったように、段ボールを切って絵の具で塗る遊びをしよっか。
わーい、この前やったから準備も自分でやる。
 
 子どものためにあれこれ用意しなくてもいい。
いつも同じこと、シンプルなことをひたすら繰り返して遊ぶことに試行錯誤や発見があると思っていて、子どものためにあれこれ準備しなくていいと思っている。でも、「段ボール工作」というと、そのためのキットは販売されているし、大人は、凝ったダンボールで何か具体的な形(自販機とかケーキとかロボットとか)を子どもに作ってあげたくなる。そんな素敵なものを検索して探そうとする人もいるかもしれない。張り切って、「お母さん・お父さんが作ってあげる!」なんて言わない方がいい。ちょこっとスイッチを押す、方法を教える(段ボール遊びなら、段ボールを小さく切って色を塗るというやり方)アイディアを少し出すという関わりは少しはする(でもそれも余計な関わりであることもある)そこから、「これ作ろう、あれ作ろう」って思いつくものだと思う。
 
でも、そのとき、子どもが作るものは、大人が思い描くような具体的な形(ロボットとか自販機とか)とは違って、映えるものでもないし、見てくれはよくないし、ちゃんと動かなかったりする。もうちょっとこうしたら、上手に動くのになーとか思えるものかもしれない。子どもは大人の想像を遥かに超える。大人が思いつくものなんて、誰かが思いつく具体的な形で大したことがない。
 
大人と子どもの視点の違いってなんだろう。
大人は成果を描き、子どもはプロセスを楽しんでいて、視点が違う。
「大人にとって素敵なもの=子どもが喜ぶ、求めるもの」って思いがちだよなぁと思う。
 例えば、「段ボールで子どもと一緒にロボット作りました〜」「わーかわいい!!こういう遊びいいよね」なんてコメントがくる成果は、わかりやすい。
「そんな簡単にかわいいロボット、作るかー!」と思う。
「子どものためにいいことしている」と見られたい・見られなくてはいけないという他者評価を気にしているというのもあるのではないかと思う。
 
大人が子どものために段ボールでかわいいロボットをつくろうとしているとき、目の前の子どもは見えていないで、子どもは置き去りになる。全部大人がつくったかわいくて素敵なロボットってことはあるのではないだろうか。
 
なので、私は私で、段ボール塗り塗り作業をしていると、さとちんは、ダンボールで「おうち」のようなものや「お人形が寝るベッド」のようなものや、「赤ちゃんのベビーカーにつけるついたて(赤ちゃんがさとちんにパンチするのを守るためのものらしい)」をつくっていた。思っていたのより段ボールが大きいと、切るところに線をひっぱる。私に渡す、私は切る。欲しい手助けをする、段ボールを切ったり、はったりする難しいことをお願いされたらする。大人があれこれ用意しない方が自分で考える。「子どもの権利」を大切にするとはこういうところにもあるんじゃないかと思う。
 
以前、一緒に小学校の理科実験授業を実施していた鈴木東さんの訃報を聞いた。
あずまさんとの授業を思い出しながら、こうやって、子どもたちが自分の頭で考える授業、一緒に作ったなぁということを思い出していた。
これって「支援」「まちづくり」とかでもよくあることではないかなぁ。
 

子育てと中動態

あやとりがブームなさとちん、朝、4段ばしごを本を見て、私が教えながら挑戦。
「やったーできたーーーー!」
じゃあ、もう一回やってみる・・。
うーん、うまくいかない、もう一回やってみる、あれ?!
あやとりの紐を扱うのは難しい。そして、私に八つ当たり。
「あやとりがうまくできなくて、ほいくえんにいく準備が遅くなった」から、「今日は保育園に行きたくない」と、メンタル下がりまくって、ゴネゴネ・・。
今日は事務作業しないといけないことがあるから休めないんだよね、ごめんね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
行きたくない、ゴネゴネで膠着し、あれこれ話す。
「ぎゅうにゅうをお膝で1とか2とかで飲もっか」
(朝、飲み物を飲むとき、「何回飲む?」「じゃあ、10回飲もうか」「やだ、じゃあ、1回飲んで」「はい1回飲んだ」「もう1回飲もうか」「はーい」ってやりとりをいつもしている)
「どの服着るか選ぼうか」
「じゃあ、タクシーで行こうか」
「タクシーでまなちゃん(仲良しのお友達・前に雨の日にタクシーで一緒に行った)と行きたい」
「靴下はマイメロちゃんが履きたい」
ゴネゴネしながら、自分で選ぶこと(行為)をちょっとずつしていくうちに、「行きたくないけど、行ってもいいか」という気分(意志)に変わる。自転車乗るときには、近所のおじいちゃんにご機嫌に「おはよう〜」と、言って出発できた。
「早く帰るから、ドーナツ買いに行こうね」と、約束し、帰りにドーナツ買いに行った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
「中動態」だなぁと思う。
親、教育者は、学習者や子どもが自分の「意志」で決めないといけない、主体的に導かないと
いけないって「意志」を持たねばならない幻想をもっている。
そこから自由になることで、もっと自由に生きられるということを國分さんの本に書いてあったことを思い出す。
 
 
P121「一つの行為は実に多くの要因のもとにあります。
それらが協同した結果として行為が実現するわけです。つまり、行為は多元的に決定されているのであって、意志が一元的に決定しているわけではないのです。けれどもどうしても私たちは自分の行為を、自分の意志によって一言的に決定されたものと考えてしまいます。」
P125「純粋な自発性としての意志など存在しえないという、ちょっと考えればわかることですら共有されません。
このように意志なるものを信じて疑わない現代社会を見ていると、何か私は信仰のようなものを感じます。」
 

近くを見るために遠くを見る。

 
そういえば、子どもが生まれてもうすぐ5年なんだけど、子育てについての本というのは、数えるほどしか読んでいないなぁと思った。
 
多分、1冊とかそんなレベルで三木成夫の「内臓とこころ」しか思い浮かばない。
内臓とこころ」を読んだことで、子どもの発達の捉え方や排泄の自立への関わり方も学ぶことがあり、あれ1冊読んだらまぁいいかみたいな。(でも、あの1冊は一人で読むのは難しいんだけど)
 
子どもをどんな風に育てるといいとか、子育てと仕事をどう両立するとか、夫婦のパートナーシップというような具体的で、対象を限定している読みやすい本を読もうという気が全然湧かない。方法論的な本は、乳幼児の家庭の医学のような本1冊がうちにあるだけ。
赤ちゃんの頃の子育てとか、離乳食とかは、信頼できる専門家に聞いたりした。
子どもをどう捉えるかという人間観さえ持っていたら、情報はそんなにたくさんいらない。
情報過多社会での子育ては、妊娠期から、産後、子育てまで、情報収集しないと子どもは育てられないと駆り立てているようにも見える。
そんなにたくさんの情報は子育てにはいらないのではないかと思う。
 
子どもを育てると子どもを通して社会が見える。社会の方に不都合があることが見える。それはどうしてかと考える。
どんな歴史、どんな思想があって、今があるのかと考える。子どもと子育ての外側にある哲学とか思想の本を最近は読んでいて、鶴見俊輔吉本隆明とか、ハーバーマスとか興味あるが(←全部、読んでいないけど!)、一見子育てには関係ないように見える。
今立っている地点と過去、日常と社会は地続きなので、関係ないことはない。
 
ものすごい遠いところにありそうで、自分の日常にも、子育てにも関連している。近いところを見るために、ものすごい遠いところを見ている。
哲学や思想から社会を見ていたら、自分のライフステージが変わったときに、自分が獲得した知から抽象理解をして、物事を見られるだろう。汎用化できる知だと思う。
 
子育てしている当事者、子育て支援や保育や教育をしている人も、保育や子育てや教育や家庭とか福祉とか、その辺の領域しか、興味を持っていないことにも、なんだかなぁと思うこともあるなぁ。
 
全然違う視座を持つことが、それぞれの行き詰まった状況にブレイクスルーを生み出すと思うんだが。子育てしているからって子育てに興味があると思うなよって感じなんですよね。
 

 

学ぶ・知る経験知を培う

先日、図書館関係者による新しい図書館(仮)の姿を考え、発信していくコミュニティ、図書館リ・デザイン会議に、文章を寄稿した。

library-redesign.main.jp

 

こんな内容。自分で調べて、考えることは「コスパが悪い」。だから図書館にもアクセスしない。早く・新しい・ほしい情報が手に入るのがよいという価値観の中で、情報と関わっている。図書館で情報を探すということは、時間がかかり、手間がかかることなのである。だから図書館って古臭いんだよね〜ってことではなく、時間がかかり・手間がかかる=ダメという枠組みを外して、情報を捉えて関わってみる。時間がかかり・手間がかかるから、見つかることも培われる力もあると思う。

 その後、いろいろ考えたのが今回、書いた文章。

 

学ぶことも「コスパ」で捉えられがち

私が、そう感じたのは、SNSであるやりとりを見た時だ。

ある専門職(ここでは、例として教育系とする)の方に、同じように教育に関することを活動を地域で行い、専門職ではない実践者の方が、「一般的にこういう風に捉えられているけど、それについての根拠とかエビデンスってあるのかなぁ?今度、教えて」と言っていた。

 

それ、あなたが調べたらいいんじゃない。

自分がこうやって聞かれたら、答えるの嫌だなと思うかもなと違和感を抱いた。

その人自身も、教育に問題関心を寄せ、自分が何かことを起こしているならば、自分で調べてみたらどうかなぁ。

仮にエビデンスが出ていることならば探すことはできるだろう。

でも、その人は専門職である人に聞く方を選択した。

 

専門職ではない自分が探すよりも専門職の人には蓄積された知見があり、早く答えにたどり着けるかもしれない。専門職の人は長い時間、経験を重ねてその知見を得ているからである。それをあっさり自分がほしいってことに違和感があった。

もし仮に、これが、「一般的にこうやって言われているけど、どうなのかなぁ」という言い方(情報をくれ!ではなく)なら、自分も考えたいという意思が現れていて、違和感を抱かなかったかもしれない。

 

学び=与えられるもの、教えてもらうものというフレーム

 でも、そうした問いを持っているだけで、自分は学習意欲が高い人間であるという自己評価も高く、他者からも大人になっても学ぶ意欲があって偉いねなんて言われていることがあるなぁ。

 講座、資格、学校に行き誰かに教えてもらうことだけが学びの機会を得る方法だと思っている人も多い。そうしたニーズに合致しているのが〜アドバイザーとか、なんとか協会とかの資格ビジネス・・。そうしたニーズを持つ人が受講して元気になっているならいいんだけどさ。。

 図書館などの社会教育施設教育機関は、学ぶことのフレームを外していく役割もあると思う。ところが、講座としての学習の機会を提供し、講座を商品として買うという関係・構図の中で、学習者は、知りたい、学びたいことは、誰かが準備してくれるというフレームの中にはまっている。教育者側も枠組みを外すようなことはせず、お客さんのままにしてしまうこともある。

 自分で知るのはコスパが悪いが進むこと。

 問いに対して、どのレイヤーの答えを求めているか(哲学的なことなのか、方法論なのか)、どんな本がいいのか(学術書?一般向けの実用書?)によって、自分が開いてみた本は、全くお門違いということがある。だから、〜講座を受けた方が早いし、詳しい人に聞いた方が早いと思うものだ。

例えば、門外漢の分野のことを知りたい時によくある状況。

本の著者は自分がほしくないことを延々と語り続ける。

さらにそこでは、「〜の〜論によればとか、すでに〜が研究しており」ということが出てきて、そのだれそれさんの難しい理論がわからない・・・。全体が見えないから、本の中で言われているのは、全体なのか部分なのかもわからない。

印象なのか、アカデミズムでは評価検討されているのか、傍流なのか、どう捉えたらいいかわからない、何が問題かわからない、わからないことがわからない。

やっぱり私は専門職ではないからわからない・・と本を閉じる。

 

森を探検し続けると見えてくる

しかし、モヤっとしたまま、何ヶ月後かにまた違う本を開いたり、ネットの記事などで、「あーあのとき出てきた著者だ!」とか、その本の中に、紹介されている本が他の情報源にも出てきたりする・・・としているうちに、段々、自分が知りたかった答えを持っている分野や研究者がわかってくる・・・。知識の森を探検するうちに、その領域にだんだん詳しくなり、どの本を読めばいいかがわかってくる。

時間の経過と自分で知識を獲得した経験が、問いと問いの答えを見つける力を育てる。それが知識の森を探検するための経験知。

でも、誰かに聞いて、お手軽に手に入れようとすることはその機会をみすみす逃してしまうことなんだよね・・。そんな風に、自分の力をつける機会を損失しているのに、コスパを優先してアウトソースしていることにも本人は気づかないし、さして損失にもならないし困らない。

教えあう、助け合うことは素敵だと思う。

でも、聞くということは相手が培った時間や労力をすっとばしてもらおうとしているということの自覚と敬意を持つことと自分でも考えたり、調べる方法はあるのかと試した後に聞くことって大事だと思う。自分で動いた分のストックが生まれる。

 コスパが悪いと切り捨てて、一歩も動かないのではなく、学ぶ場所は日々の暮らし、日常の中に創り出すことはできるのに、それはめんどくさいものだ。

 で、図書館的な場に置き換え、図書館的な場は何をなす場なのか、どうあるのかと考えると、森を探検する術と力、経験による知を得ていく手助けをする場であると思うのだ。